あずいずBOXは、ASISの中高生が調べたいろいろな情報を発信するサイトです!

放課後等デイサービスとは?実際に通っている児童が感想や1日の流れを紹介!

僕は、放課後等デイサービスという施設に通っています。この記事を読んでくださった方は、おそらく放課後等デイサービスに通いたいという方だと思います。そもそも放課後等デイサービスとは何なのか、誰が利用できるのか、そしてどういった内容なのか、実際に通っている児童から詳しく説明したいと思います。

放課後等デイサービスとは?

まず放課後等デイサービスとはどんな施設なのでしょうか。簡単に説明すると、発達に課題のある小学生から高校生の児童が、放課後に利用できる施設のことです。勉強ができるデイサービスや、運動ができるデイサービスなど、さまざまなデイサービスがあります。特に東京や大阪などの都市には、たくさんの放課後等デイサービスがあります。

誰でも利用できるの?

小学生から高校生の中でも、障がいのある児童や、発達に課題のある児童が利用できます。利用するには、「受給者証」というものが必要です。受給者証の取得方法などについては、下の記事をご覧ください。

受給者証とは?申請や更新について分かりやすくまとめました | ASIS
放課後等デイサービスを利用するための通所受給者証はどういうものなのか。申請方法や発行の流れ、更新についてなどを、分かりやすくまとめました。

利用について

利用できる日数は、児童によって違います。例えば1か月23日の場合、毎日同じデイサービスに通うのではなく、曜日などで分けて複数のデイサービスを利用することも可能です。僕は、学校で忙しい日は1時間運動をしてくれるデイサービスに、学校が早く終わる日や休日は長時間できるデイサービスに行くといった使い方をしています。

どんなことができるの?

サービスの内容は、デイサービスによって全く違います。例えば

・先生と1対1で運動をする

・絵を描いたり物を作る

・先生に勉強を教えてもらう

・ピアノなど、さまざまな楽器を使う

・集団でSST(ソーシャルスキルトレーニング)やレクリエーションをする

などがあります。先生と1対1のデイサービスもあれば、集団で行うデイサービスもあり、中には中高生専用のデイサービスもあるので、利用する児童に合うデイサービスを選ぶことが重要だと思います。

デイサービスの1日の流れを紹介

ちなみにこのブログは、大阪にあるASISというデイサービスのプログラムとして書いています。サービスの内容のとして、ASISのプログラムを紹介したいと思います。

13時から

13時から16時までの3時間は、セルフプランとして、自分のしたいことをしています。このブログも、セルフプランの時間を利用して書いています。他にも運動に行ったり、ゲームをしたりしている人もいます。

16時から

16時から19時の3時間は、1時間に2つのプログラムが決まっていて、そのどちらかのプログラムに参加します。プログラムはさまざまなものがあります。

レクリエーション

人狼というゲームや、犯人は踊るというカードゲームなど、楽しいゲームが用意されています。

SST(ソーシャルスキルトレーニング)

コミュニケーションの練習として、特に発言に気を付けながらゲームをしたり、他の児童と質問をしあったりします。

コグトレ

コグトレという、認知機能の強化を目的としたものです。先生が言った最初の言葉を覚えたり、間違い探しをしたりもします。

ネイル

実際に自分の爪にネイルを塗ることもできます。爪のケアなどもできるので、男子でも参加できます。

eスポーツ

switchを使って、マリオカートをしたり、スマッシュブラザーズをしたりします。

1日の流れ

13時 ASISに来所

13時から 運動に近くの公園に行く

15時から パソコンで自分の好きなものを作る

16時から レクリエーションまたはネイル

17時から SSTまたはパソコン

18時から パソコン

16時45分 帰りの準備をして帰宅

といった感じです。これはASISの例なので、他のデイサービスでは全く違います。

実際に利用して感じたこと

僕は何か所ものデイサービスに見学に行き、通所しています。しかし、どのデイサービス全く違い、それぞれに楽しいところがあります。ただし、集団のデイサービスではコミュニケーションが大切で、いろんな児童がいるので、何かを譲ったりすることも大切だと思いました。

利用で気を付けたい事、伝えたい事

先生はどんな感じ?

放課後等デイサービスの先生は皆さん優しいです。厳しい先生はいないと思います。

家から何分ぐらいのデイサービスが良い?

デイサービスの中には、送迎を行っているところもあります。しかし、送迎がなかったり、遠いとできないこともあります。電車で通う場合は、家から30分以内が通いやすいと思います。

選び方は?

まずは、1対1が良いのか、集団がいいのか選びましょう。1対1なら時間は短いですが好きなことができますし、集団なら、他の児童とのかかわりができます。あとは、内容とデイサービスの雰囲気で決めるのが良いと思います。気になったデイサービスがあれば、まずは見学できます。

最後に

放課後等デイサービスとはどんな施設なのか、分かっていただけたでしょうか。デイサービスはとても楽しく、いつも楽しみにしています。皆さんに合ったデイサービスがあるといいですね。